がん治療のすすめ

   

がん治療と自由診療について

がん治療だけには限りませんが、医療機関で受ける診療の中には、保険診療と自由診療とがあります。日本では、基本的には国民の全員が健康保険に加入していることになっています。公務員や会社員の人は給料から健康保険料が天引きされているはずですし、自由業や自営業の人は国民健康保険に入ることになっています。また、それらの人の扶養家族になっている人も健康保険でカバーされています。そして、これらの健康保険に入っていることにより、普通は、医療機関を受診したときにかかる医療費については、その全額ではなくて普通は3割だけを窓口で負担すれば良いことになっているのです。
では残りの7割は誰が払ってくれているのかということになりますが、これは、健康保険から支払われているということであり、それは即ち保険料が原資になっています。保険料はつまりそれぞれの人が保険金として負担したものでもありますから、広い意味では決して誰か別の人が負担しているわけではなくて自分自身が負担しているとも言えますが、ともかく、窓口で支払うのは3割で良いことになっているのです。
ところが、医療機関で受けた診療の全てが保険適用になるかというと実はそうではありません。保険適用にならないものもあり、それが自由診療と呼ばれています。保険適用にならないものにもいろいろな種類がありますが、結局のところ、保険財政には限りがあるので、限られた原資を効率的に使うという意味から、保険で賄うのが適切ではないと思われるものが対象外とされる仕組みになっています。治療を必要とするようなものではないと考えられる疾患などはその一例であり、例えば中高齢の男性に多い薄毛とか、勃起不全など、加齢とともに多かれ少なかれ誰にでも起こるもので、わざわざ厳しい保険財政をより逼迫させてまで保険で負担することに多くの人の合意が得られにくいような疾患が当てはまります。
しかし、がん治療の場合には、少なくともこのような理由は当てはまらないでしょう。治療を必要とするようなものではないがんというのはちょっと考えにくいからです。そうではなくて、がん治療にあたって標準的に効果があると広く認められていないような治療法が自由診療に該当することが多くなっています。例えば、現在の最先端の医療で、効き目がありそうではあるけれども、まだ学会などで広く認められているとは言い難いような治療法が挙げられます。
このような治療法は保険適用にならず、自由診療とされることがあります。そして、この場合に特に大きな問題になることが、医療費が高額になりがちだということです。普通の病気で一回医療機関にかかった場合、窓口負担はせいぜい数千円程度まででしょう。窓口で1万円以上負担することが普通だというような人はあまりいないはずです。3割を窓口で負担しているとして、医療費の全体としてはせいぜい1万円から高くても数万円程度ということになります。
ところががんの場合、たった1回の治療で医療費が数十万円になることはざらにあり、数百万円ということさえあります。若干例外的ではあるでしょうが、ある特別な治療法で、1回の治療費が1千万円を超えるケースすら散見されるようになってきています。しかも、完全に治療を終えるにあたって、1回の診療で済むケースはごく稀でしょう。
こうなると、確かにがんは治療できるかもしれないけれども、多くの人にとってお金は切実な問題になります。地獄の沙汰も金次第というか、お金で命が左右されることは現実としてあるわけです。厳しい話かもしれませんが、薬にせよ先進的な治療法にせよ、誰かが慈善事業で行っているわけではありませんから、これはある意味致し方ないのかもしれません。

保険適用 , 費用