がん治療のすすめ

   

がん治療におけるモルヒネの使用について

がん治療はよほどの早期発見でもないかぎり、長期戦になるのが一般的です。抗がん剤の新薬の登場や放射線治療技術の進歩や体への負担の少ない内視鏡施術など治療の進歩には目覚しいものがあり、今ではがんになっても回復して日常生活や職場復帰をはかる人などのいわゆる「がんサバイバー」の人も数多くいらっしゃいます。他方でがん治療を継続している過程では、つねに心や身体の痛みの悩みに直面することがよくあります。がんと診断されたときはショックを感じてしまったり、辛い検査や治療自体の副作用などで痛みなどを自覚することも。がんが骨や神経などに転移や再発などをきたすことで進行性の疼痛に悩まされることもあります。がんに罹患した患者さんのこういった一連の痛みや精神的ストレスを軽くするために実践されているのが「緩和ケア」と呼ばれる領域の治療です。ここに緩和ケアの定義を確認すると、「病気に伴う心と身体の痛みをやわらげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)とされています。とりわけ、がんが神経などに浸潤したり骨に転移して骨折などが発生すると、強い疼痛が出現することがめずらしくありません。一般的な消炎鎮痛剤では症状の軽減が難しいと判断されれば、緩和ケアでは「オピオイド」などのモルヒネを含有する鎮痛剤を投与されることがあります。
ただモルヒネ=麻薬というイメージが強いので、いくら疼痛緩和のためとはいえ使用することに躊躇いを覚える患者さんもいるようです。医師などの医療スタッフの中にもそういった考えを抱いている向きもめずらしくないともされています。また従来のがんの臨床現場では「とにかく根治させること=治すこと」だけが重視されていたので患者さんが治療中に経験する痛みの問題は二の次とされ、脇に追いやられていた観があります。しかし最近では療養生活中に生活の質も重視するべきとの考えが普及しており、緩和ケアの重要性が認識されるようになっています。
またWHO(世界保健期間)などもがん治療においては早期から緩和ケアが介入し、痛みなどの問題を積極的にとりくむことが、がん患者の治療成績を向上させることにつながると発表しておりモルヒネなども含めて積極的な疼痛対策や精神的ケアなどの重要性に言及しているほどです。従って今後は根治治療と並んで緩和ケア重要性が高まるものと想定されています。
ところで緩和ケアと聞くと、末期状態になってから開始するものと、考える人もいるようです。実際にがん患者さんの中にも「まだ緩和ケアを受ける時期ではない」と考える人もいらっしゃいます。しかし先ほど御紹介した緩和ケアの定義に照らせば、病気の進行状況にかかわらず痛みの問題に直面したら、むしろ積極的に症状の緩和に努めてしかるべきなのはむしろ自然の流れと言えます。がん治療ではがん自体が進行するときだけでなく、治療や検査の影響で直面する痛みなどもあります。「緩和ケア」の語義に付き纏っているマイナスのイメージが強く影響しているものと見られますが、いたみを抱えていることを我慢していると身体の回復が遅れたり気分が落ち込んで孤独感を感じるなどの精神的ストレスの蓄積にもつながります。痛みを抱えたままの状況では治療への意欲も続かなくなる可能性も否定できません。
従ってがん治療中に疼痛などを感じるようであれば、遠慮なく病院スタッフに相談することが大事です。確かに通常の鎮痛剤ではコントロールできない種類の痛みであっても、モルヒネ製剤などをうまく活用することで相当程度コントロールすることが可能になってます。がん治療においてもはや痛みは我慢するものではなく、いかに軽くして生活の質を維持するか、に焦点は移行しつつあると言えます。

がんサバイバー , オピオイド , 副作用 , 抗がん剤治療 , 放射線治療 , 痛み , 精神的ケア , 緩和ケア