がん治療のすすめ

   

がん治療を行う時にはセカンドオピニオンが大事なこともある

自分が受診した病院で、がんだと宣告された場合、その病院で治療を行うでしょうか。そういう人が多いのかもしれません。本当にその病院と決めてしまって良いのかをじっくりと考えてみませんか。確かに、良い病院かもしれません。医者の態度にしても話しやすいのならばそこで構わないと思ってしまうのも仕方がないことです。しかし、がんと言うとても大きな病気を患っているのであれば、複数の方法を模索した方が良いです。

がん治療と言っても1種類ではありません。ステージによっても場所によっても変わるでしょう。検査をした病院が提示した治療方法が本当に自分にとって最善の方法だとは言い切れません。たとえ、医者の態度が良かったとしても、患者の話をよく聞いてくれたとしても、セカンドオピニオンを考えてください。

つまり、他の病院でも検査を行って、そこの医者の治療方針を聞くことです。他の病院や医者であれば、また違った方法を考えてくれるかもしれません。必ずしも全然違う方法を提示されるとは限らないのですが、他の方法が出てきて、そちらの方が自分に合っているかもしれないので軽視できません。

自分が医療関係者であったり、自分や自分の周りにがん患者がいないとどんな治療方法があるのかが良くわからないでしょう。どんどんがん治療の研究が進んでおり、全く知らない方法が登場しているかもしれません。

外科手術によってがん細胞を取り除く、放射線治療で取り除いたり、抗がん剤治療などは想像しやすいのではありませんか。よく抗がん剤治療を行うと吐き気がしたり、髪の毛などの全身の体毛が抜け落ちると言われています。そのために、医療用ウィッグを使う人がいることは聞いたことがあるのではないでしょうか。

最近では、遺伝子治療と言う方法も登場しています。他の方法と比べても副作用が小さくて済むと言われており、生活の質をあまり落とさなくて済むかもしれません。仕事をしながらがん治療ができるとも言われているほどです。

問題は、最新の治療法はどこの病院でも受けることができないことです。受けられる医療機関が限られていますので、がんを患ったら自分で最新治療が受けられる医療機関を探さなくてはなりません。それが本当に自分にピッタリな方法とは限らなくても、セカンドオピニオンを聞くためにも受診するのは良いことです。自分のがんには効果があるのかや治療費、具体的な治療方法などを聞いてみましょう。とても良い答えが返ってくるかもしれません。

抗がん剤治療にしても、どの抗がん剤を使うのかは人によって違うと言われています。それだけ抗がん剤の種類が多いうこととともに、がんも単純な病気ではないからです。AIを使って治療を行うというような話も出ているくらい、がんと言ってもいろいろな状況が考えられるので、ますますセカンドオピニオンの重要性がわかってきます。

実際に、がん治療を進めてはみたけれど、思うような改善が見られないこともあるでしょう。治療を行う前だけではなく、他の医者の意見が聞きたいと思ったら、いつでもセカンドオピニオンを考えてください。主治医ともよく相談してみて、他の医療機関を受診すると新たな道が開けるかもしれません。そして、それが功を奏して改善されることも十分に考えられます。

大きな病気ですし、命に係わる病気です。適切な治療を受ければ、ある程度進行していたとしてもかなり改善されるかもしれません。大きなショックを受けてしまうと、何も手に付かなくなることもあります。それでも、他の医療機関を受診することも頭に入れてみてください。2か所ではなく、3か所でも4か所でも構わないので、自分のためにより良い用を探しましょう。

セカンドオピニオン , 外科手術 , 抗がん剤治療 , 放射線治療 , 遺伝子治療