がん治療のすすめ

   

がん治療を行う時は自己負担のチェックは必須!

ひと昔前までは、がんと言えば不治の病だというイメ-ジが強かったですよね。でも、医学の進歩によって現在ではがんは必ずしも死に繋がるような恐ろしい病気ではなくなりました。それどころか、今や日本人の2人か3人にひとりは生涯1回はがんと診断されると言われています。けれども日本人の平均寿命が年々延びていることを考えると、がんは恐れなければいけない病気などではなく、治せる病気となったと言えるのではないでしょうか。
さて、どんな病気を治すにしても、病院に行くにはそれなりのお金が掛かりますよね。がん治療も例外ではありません。がんと告知されたその日から、主治医と一緒に治療のメニュ-を考える訳ですが、がん治療と言えば真っ先に頭に浮かぶのが、手術とその後に続く化学療法や放射線治療ですよね。何だかとてもお金が掛かりそうです。実際、がんの種類や進行度にもよりますが、手術をして化学療法を行うとなると、場合によっては100万円以上掛かってしまうケースがあることを覚えておいてください。
でも、そんなに高額な治療費をみんながみんな、ポンと出せる訳ではありませんよね。中には治療額を聞いてパニックになってしまったり、絶望感でいっぱいになってしまう家庭もあるかもしれません。そんな時は、まず落ち着いてください。治療費が高額になりそうだからと、そこで治療を諦める必要はないからです。
医療制度には、高額医療費控除というものがあります。これは、1カ月にかかる医療費の自己負担が限度額を超えた場合その超えた分だけ還付されるという健康保険の給付制度のひとつです。なので、仮にがん治療に100万円掛かると言われても全額を負担しなければならないのではなく、治療費が1カ月に決められている自己負担分を超えていたら、その分は戻ってくるという訳なのです。この制度を利用すれば、お金に関する悩みは随分軽減されるのではないでしょうか。
ここで気になるのが具体的な自己負担額ということになりますが、実際は年収や年齢によって異なってくるので注意が必要です。まずは自分の自己負担額を知るべく、厚生省等のホ-ムペ-ジをチェックしてみてください。いずれにしてもかなりの負担が軽減されることがわかるはずです。そしてここで大きなポイントとなるのが、ここで言われる1カ月というのは、あくまでもその月の最初の日から最後の日だということなんですね。なので、今日から1カ月、などと勝手に解釈すると思っていたよりも負担金額は増えていたなんてことだってあり得てしまうのです。しかも嬉しいことにこれって、必ずしも個人の範囲でという訳ではなく、世帯の合算の金額での申請も可能なのです。まあ、確かに1カ月毎ということなので、いつも定額を自分で支払えば良いということにはなりませんが、この制度があるだけで安心してがん治療を受けることが出来そうですよね。
がん保険に入っている人は更に安心なのではないでしょうか。がんと診断されたら一時金が出る保険もありますし、入院には1日いくらと手厚いサービス内容の保険もたくさん出ていますよね。がん保険を利用すれば、場合によっては自己負担はゼロなんていうことだってありそうですよね。
がん治療と一口で言っても、かかる負担はなにも治療費だけという訳ではないことも覚えておきたいところです。入院の際に必要な身の回りのもの一式を用意したり、面会に行く際の交通費だって決してばかにはなりません。そういった細々とした出費も積り積もれば結構な負担になってしまいますよね。
そして、懸念しなければならないのは、お金の心配をするあまり治療に専念できなかったり、余計なストレスを抱えてしまうということではないでしょうか。ストレスはがん治療の大敵とも言えます。がんと診断を受けたら、自己負担を軽減する方法を上手に利用して、少しでも心穏やかな状態で治療を受けたいものですよね。

がん保険 , 化学療法 , 外科手術 , 放射線治療 , 精神的ケア , 費用 , 高額医療費控除