がん治療のすすめ

   

がん治療法の種類とそのメリットとは

かつては不治の病とされていたがんですが、さまざまな治療法が確立され、現在では早期発見であれば完治または延命が望める病気の一つになってきています。がん治療にはいくつかの種類があり、各々にメリット・デメリットがあります。
これまで主流とされてきたのは、がんの腫瘍およびその周りの目には見えていない小さながん細胞を取り除く外科手術で、この方法が最も効果が高いとされてきました。そのサポート的役割として抗がん剤治療や放射線治療などが行われてきましたが、現在ではこれらの技術的向上がなされ、外科手術を行わずに抗がん剤や放射線での治療が行われることも増えてきました。とくに放射線治療は外科手術と同様の効果を得られるまでに向上しています。さらに、注目されているのは免疫療法です。その特徴は、既出の治療法では効果が芳しくないがんに対して効果を発揮する可能性があることです。また、もともと患者本人の体に備わっている免疫システムを強化して行う治療法なので、副作用が少ないことも大きなメリットとして挙げられます。
このようにさまざまな方法が確立されているがん治療ですが、最も確実で有効とされるのはやはり切除手術であることに変わりはありません。なかでも早期発見ではなくある程度進んでしまったがんに対しては、がん細胞そのものを切除する手術は、現在でも重要な治療法です。術後の転移なども少なく、完治が望めるのも切除手術によるところが大きいでしょう。また、抗がん剤や放射線によってがん細胞を小さくしてから切除を行うなど、ほかの治療法と組み合わせて治療することで患者への負担を軽減することも可能です。内視鏡による術法が一般的となっている現在では、開腹手術に比べ、術後の体力低下も免れ入院日数も減ってきています。それでも目に見えないがん細胞が体の中に残ってしまい転移や再発することもあります。そうした場合のリスクを考え、術後にはやはり化学療法を併用する場合も多いようです。
抗がん剤治療は、その名の通り、薬剤によってがんの進行を遅らせたり全身状態を改善するために行う治療法です。そのメリットとしては、全身のがんに効果が期待できるということでしょう。薬剤が血管を通じて全身に行き渡るので、転移して離れた部位にあるがんにもいっぺんに効果を発揮する可能性があるのです。また、手術の前後に用いることでがんを小さくしたり、転移を予防する効果などもあります。ただし、人によっては副作用が大きく出ることがあるのがデメリットです。以前に比べれば小さくなったとはいえ、嘔吐や脱毛、倦怠感・白血球の減少などの症状が出る場合があります。なお、抗がん剤だけでがんを完治させることは難しく、ほかの治療法と組み合わせて使用されることがほとんどです。
最近では切除手術よりも主流になりつつあるのが放射線治療です。これは、体の外部からがん細胞がある部位に放射線を照射し、がん細胞を死滅させる方法です。痛みはほとんどなく、短時間での照射が可能です。このため、入院する必要がなく、通院での治療ができることが大きな特徴といえます。自宅で日常生活を送りながら治療を行うことができるので、患者への負担をかなり減らすことができます。ですが、治療中は毎日通院することが必要になり、治療を行える病院が近くにない場合には入院が必要になる場合もあります。また、転移などがあったときには有効とはいえないこともあるでしょう。
以上の3つの治療法を補完する形で用いられるようになってきたのが免疫療法です。患者本人が備えている免疫力が高めがん細胞を攻撃させる治療法で、正式には免疫抑制阻害療法と呼ばれています。また、免疫細胞を薬剤を用いて活性化させるサイトカイン療法とBPM療法もがん治療に効果を発揮する療法として認知されています。

BPM療法 , サイトカイン療法 , 免疫療法 , 内視鏡手術 , 副作用 , 化学療法 , 外科手術 , 抗がん剤治療 , 放射線治療 , 痛み