がん治療のすすめ

   

がん治療薬の投与期間とは

がん治療は技術が発展したことで、様々な選択肢が充実する状況となっています。
しかし、それでも薬は今でも主流の選択肢ですし、全身に役立つ方法として活用されます。
薬の特徴としては、がん細胞の増殖を防ぐ成分が含まれていて、成長を遅らせたり再発や転移を防ぐのが目的です。
また転移が疑われる状況において、定着を防ぐ意味でも用いられることがあります。
手術や放射線治療は局所的ですが、このがん治療薬は広範囲に影響があるのが特徴です。
血液やリンパに生じるがんは、全身に広がりやすいですから、広範囲に役立つ治療薬が適しています。
投与期間は、がんの種類や症状によって決められるので、一概にどれだけと断言するのは不可能です。
一般的には治療を行う日とそうでない日を分け、1週間から2週間程度の周期で投与を進めます。
期間の呼び方は様々ですが、多くは1コースや1クールといった呼び名を単位として用いられています。
通常は周期を繰り返すのが普通で、様子を見ながらがん治療の方針が決められます。
必要に応じて副作用を抑える薬を追加したり、治療を中止して様子を見ることもあります。
抗がん剤が進化した現在においては、1コース目のみ入院治療を行い、2コース目からは外来で化学療法に切り替えるやり方も出てきました。
選択肢が増えた結果ですから、薬による治療といっても選択や組み合わせ方は様々で、期間も単純には決められなくなっているといえるでしょう。
同じく薬剤を使用する化学療法では、血液細胞の減少や粘膜の再生異常など、色々な影響が出てくることがあります。
脱毛の症状は広く知られていますが、他にも爪が伸びにくくなったり、内臓の機能低下が表れるケースも存在します。
これらの副作用や治療の影響は、抗がん剤の量と期間によって、表れやすい症状と強さが変わってきます。
ただ、治療の開始から経過日数によって出やすい副作用の目安はあるので、こういった情報を参考にするのがおすすめです。
貧血は割と表れやすい症状の1つで、血液を作る造血幹細胞の機能が低下することから、疲れやすさやだるさを伴って発生します。
出血が原因と思われる場合は、止血を重視した対処が行われますが、いずれにしても短期間で改善するのは困難です。
切っ掛けががん治療の疑いが濃厚で、比較的長引くような様子がある時は、担当の先生に伝えて対応を考えてもらいましょう。
投与を行うがん治療には主に、内服薬の飲み薬と点滴投与の2種類があります。
点滴投与は静脈に注射針を刺し、薬を投薬する形のがん治療です。
点滴の回数は初期だと多くて30回、少なくとも4回以上は必要となります。
いわゆる遠隔転移が認められた時は、より長期の投与を必要とする可能性が高まります。
投薬が長引き治療回数が増えると、それだけ血管が傷つき針が入りにくくなることもあるほどです。
必要な治療ならやむを得ないと考えられますが、不必要に長引かせるのは良くないので、先生と相談しながら無理のない治療を継続することが肝心です。
がん細胞は頑固で根絶が難しいですから、治療期間は必然的にトータルで半年や1年規模になります。
直ぐに目に見える結果は出ませんし、一喜一憂すると疲れてしまうので、長い目で余裕を持って治療に臨むことをおすすめします。
直ぐに投薬を開始する予定はなくても、がんとの戦いは長期戦で、時間との戦いでもあると理解することが大切です。
発見が遅れると、対処の選択肢が少なくなったり猶予が減少しますから、早め早めのチェックと対応の開始が理想的です。
長く投薬しないと結果が分からないので、間違いのない薬の選択を行う為に、信頼できる医療機関や医師を選択するのも重要なポイントです。

健康保険 , 内服薬 , 副作用 , 化学療法 , 投薬治療 , 放射線治療 , 期間 , 点滴投与 , 費用