がん治療のすすめ

   

ビタミンC大量投与によるがん治療

新しいがん治療として注目を集めているのがビタミンCの大量投与になります。しかしこの治療自体は比較的歴史をもっており一部の医療機関では1970年代より行われています。そもそもその抗がん作用に着目したのは、二度にわたりノーベル医学賞を受賞しているライナ・ボーリング教授です。1970年代に発表された論文で、自らのデータを元にビタミンCには抗がん作用を持つことが結論付けられています。ところがその後、立て続けに否定的な論文が発表されたこともあって、それ以降は注目を集めることはなかったのです。
ところがアメリカの国立衛生研究所が2005年に発表した論文の中で、改めてビタミンCがもつ請願作用のメカニズムが明らかにされたことをきっかけに再び脚光を浴びることになりました。米国では大学病院などを中心に臨床試験が開始されており、日本国内の大学でも基礎的臨床的研究が続けられています。
抗酸化物質の一種であるビタミンCには、体内で生成される活性酸素を排除する作用が強いという特徴があります。この酸化還元作用はがん細胞に対しては、強い酸化作用を発揮しがん細胞を破壊すると同時に、身体の細胞にはダメージを与えないことが、研究の結果明らかにされています。
このメカニズムを敷衍すると、ビタミンCを大量に投与すると強力な酸化作用を持つヒドロキラジカルを大量に生成します。がん細胞にはヒドロキラジカルを中和する物質を分泌できないので、攻撃を受けると耐えることが出来ません。他方で正常細胞はヒドロキラジカルを中和する機能が強いので、ほとんどダメージをこうむりません。
ところでがん細胞は、増殖の際に大量のブドウ糖を消費するという特徴を持っています。ブドウ糖に類似した構造を有することも、がん細胞に大量に取り込まれやすい特徴を呈するものと考えられているのです。また最近の研究ではがん細胞に対する毒性を発揮する点だけでなく、血管の新生作用を抑制する作用も併せ持つことが明らかにされつつあります。がん細胞は増殖するためには、正常な細胞から栄養の供給を受ける必要があります。がん細胞は無制限に増殖すると言う、正常な細胞には見られない活動を繰り返しているのです。栄養を宿主の人間から奪ってしまうことで、衰弱を引き起こし最終的には死にいたることになります。しかしがん細胞と雖も栄養を効率的に摂取できない限り、いつまでも増殖を繰り返すことは出来ません。そこでがん細胞は周囲の正常な組織に血管を広げて、さらに成長することなります。成長すれば血液循環の流れに乗って全身に転移していくことになります。その結果さらい血管新生が促進されて一層の成長スピードを発揮するという悪循環におちいります。
血管新生作用を抑制するということは、がん細胞の栄養供給の道を遮断することになるので、がん細胞の成長を抑えることも期待できます。いわば兵糧攻めで治療を行うイメージです。
それでは実際の医療現場ではどのようながん治療で実践されているのでしょうか。まだ臨床研究や一部の医療機関などで自費診療で行われている程度の治療規模なので、標準的治療法が確立されているわけではありません。しかし副作用がほとんどないという大きなメリットをもっているので、がん治療の標準的な治療と併用されて行われる場合があります。胸水や腹水を併発していたり、腎機能や新機能などに障害をかかえているような水分抑制が必要な場合を除いて、誰でも受けることが出来る副作用の少ない治療法です。具体的には放射線治療や抗がん剤投与などと併用してビタミンCの大量点滴治療などが行われています。従来のがん治療のような副作用の心配がないので今後さらに注目を集めそうです。

ビタミン , 副作用 , 酸化作用