がん治療のすすめ

   

延命効果を期待したがん治療の課題

長らく日本人の死因のトップを占めているがんは、今や国民の2人に1人がかかる病気となっており、特に人口全体が高齢化の傾向を示し、超高齢社会に突入したといわれているわが国にあって、これを避けて議論することはもはやできない状態です。がん治療の方法にはいくつかありますが、患者の生命を少しでも長くするためのいわゆる延命治療の方法としては、ほとんどの場合で抗がん剤の投与が選択されています。もともとがん細胞は、人体のなかで急速に増殖して大きくなったり、他の部位に転移したりして、患者の寿命を縮めてしまう存在にほかなりません。抗がん剤はこのようにやっかいながん細胞の増殖や転移を抑制して延命を図る効果があるとされており、特に局所的ではなく全身に対してくまなくその効果を発揮する点は、他のがん治療の方法と比較した場合に優位性があるといえます。

もしも初期の段階のがんであれば、伝統的ではありますが手術で該当部位を切除してしまう方法、いわゆる手術療法のほうが効果的となることがあります。また放射線を患部に照射する放射線療法などもありますが、これも局所的にがん細胞がかたまっている場合に有効で、特に手術療法とは違って臓器の機能などをそのまま維持できるところは大きいといえます。これらの方法はどちらも局所的な場合といった前提条件がありますので、すべてのケースに適用しようとするのはおのずから無理があります。特にがんが進行した場合には、リンパや血液の流れに乗って全身に転移してしまうため、この方法が使えません。そこで進行してしまった多くのがんに対して、抗がん剤による延命治療が施されるようになっている理由があります。

このように抗がん剤はある種便利に使える部分があるのですが、実際に投与を受けた患者の側からみた問題も少なからずあるため、かならずしも万能とはいいがたいのが実情です。たとえば抗がん剤の副作用として吐き気や嘔吐などがあり、これらは改良によって昔よりは程度が低くなったとはいえ、やはり患者にとっては不快で耐えがたく、肉体的な面もさることながら、精神的な意味での気分の落ち込みや不安をもたらすには十分といえます。ほかにも抗がん剤が効果を発揮するがんとそうではないがんの違いがあります。たとえば悪性リンパ腫のように放っておくと全身的な症状が発生し、気道や血管が圧迫されて生命に重大な事態となり得る病気には特に効果的とされていますが、逆にすい臓がんのように感受性が弱く根治が難しいケースもあります。

抗がん剤による延命治療にそれほど効果が見込めない場合には、無理をしてこのような延命治療をするよりも、むしろ苦痛を緩和するための緩和ケアに徹したほうが患者にとってはよりよい選択となるのではないかという意見もあり、現にこの方向で積極的に動いている医療機関もみられるようになりました。この場合の苦痛は心身いずれの場合にもいえることですので、担当医のみならず看護師・麻酔医師・臨床心理士・ソーシャルワーカーなどの幅広いスタッフが連携のもとでチームを組んでサポートすることになります。がんにもとなう身体的な痛みに対しては飲み薬の鎮痛薬を適切に使用することや、神経ブロックの注射をする、痛みのある部分を保温したりマッサージをするなどの対応が挙げられます。また心の問題に対しては、精神科や心療内科の医師などが心のケアをすることがありますし、抗不安薬を服用するなどの処置もあります。いずれにしても近年では延命治療だけを重視することはなくなってきており、トータルな意味で心身のバランスがとれた患者にふさわしい医療を提供しようとする姿勢がみられます。

がん治療 , 延命